メタボリック症候群

メタボリック症候群のページを説明

ダイエットナビでは、ダイエットサプリメントなどを解説致しております
SponsoredLink

もし、何かありましたら、以下よりお調べ下さい。

Google

ダイエットナビにようこそ!

当サイトでは、ダイエットをテーマに、お役に立てる情報をお伝けいたします。どうぞご活用下さいませ♪


■当サイトのカテゴリ
ダイエット/ サプリメント/ /

ダイエットやサプリメントに関する最新の情報です。どうぞご覧下さいませ♪


■当サイトの目次

脂肪を燃やせ♪

サプリメントについて 日本では、サプリメントは法的に食品に分類される。 食品は3種類に大別される。 1. 特定保健


ダイエット情報

メタボリックシンドロームについて 2008年4月から始まる特定健診制度(糖尿病等の生活習慣病に関する健康診査)では、メタボリックシンドロームの概念を応用して糖尿病対策を行う事を目指し、40歳から74歳までの中高年保険加入


サプリメントはこちらです♪

サプリメントについて DSHEAでは製品を発売する前に、医薬品の治験のようにその成分の安全性を確認する必要はない。FDAは自


メタボ退治バージョンアップ版♪

サプリメントのまとめ アメリカでは医療保険制度が日本とは異なり、病気になると日本と比べて高額な医療費が必要と


メタボリックに終止符を♪

サプリメントのまとめ アメリカでは医療保険制度が日本とは異なり、病気になると日本と比べて高額な医療費が必要とな

メタボリック症候群

メタボリック症候群は短期リスク(10年)を評価する道具ではなく、長期リスクを評価する道具であると述べているが、最近、30年に及ぶ長期リスクの研究でも、メタボはその個々の成分以上の予後評価の情報を与えないという結果が報告された。また、彼はメタボと診断すべきか否かの論争はAHAとADAの利害対立を背景としているかのように述べてるが、AHAとADAは、2006年6月、それを否定して、「心血管疾患と糖尿病予防のために」という簡潔な共同声明を発表した。この中で、メタボという診断をすべきか否かの賛否両論に触れ、メタボの診断に拘らず、肥満、血糖、血圧、脂質異常、喫煙の重要性を指摘して、文明社会、特に欧米に蔓延する肥満の予防と治療を呼びかけた。また、2007年6月には、アメリカ糖尿病学会、アメリカ栄養学会、北米肥満学会が腹囲に関して共同声明を発表し、現時点では、腹囲の基準値はすべて、科学的根拠が不十分であり、今後確立される科学的基準値は人種別、性別、年齢別、肥満度別の非常に複雑なものになるであろうと指摘した。そして、2007年9月には、内臓脂肪体積および腹部皮下脂肪体積と、各種炎症マーカーおよび酸化ストレスマーカーとの関連を詳細に検討したFramingham Heart Studyによって、内臓脂肪も皮下脂肪も、これらのメタボの重要なマーカーとの関係がほぼ同等であることが判明し、内臓脂肪だけがメタボの原因とする、「内臓脂肪症候群」という、日本で主流となっている学説が一面的であることが示唆された。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

SponsoredLink

ダイエットナビのメタボリック症候群のリンクについて

ダイエットナビのメタボリック症候群のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]サプリメント
>>[次]メタボリックシンドローム
ダイエットナビのTOPへ
"メタボリック症候群"のTOPへジャンプ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。