ダイエット

ダイエットのページを説明

ダイエットナビでは、ダイエットサプリメントなどを解説致しております
SponsoredLink

もし、何かありましたら、以下よりお調べ下さい。

Google

ダイエットナビにようこそ!

当サイトでは、ダイエットをテーマに、お役に立てる情報をお伝けいたします。どうぞご活用下さいませ♪


■当サイトのカテゴリ
ダイエット/ サプリメント/ /

ダイエットやサプリメントに関する最新の情報です。どうぞご覧下さいませ♪


■当サイトの目次

脂肪を燃やせ♪

サプリメントについて 日本では、サプリメントは法的に食品に分類される。 食品は3種類に大別される。 1. 特定保健


ダイエット情報

メタボリックシンドロームについて 2008年4月から始まる特定健診制度(糖尿病等の生活習慣病に関する健康診査)では、メタボリックシンドロームの概念を応用して糖尿病対策を行う事を目指し、40歳から74歳までの中高年保険加入


サプリメントはこちらです♪

サプリメントについて DSHEAでは製品を発売する前に、医薬品の治験のようにその成分の安全性を確認する必要はない。FDAは自


メタボ退治バージョンアップ版♪

サプリメントのまとめ アメリカでは医療保険制度が日本とは異なり、病気になると日本と比べて高額な医療費が必要と


メタボリックに終止符を♪

サプリメントのまとめ アメリカでは医療保険制度が日本とは異なり、病気になると日本と比べて高額な医療費が必要とな

ダイエット

ダイエットについて 神経性大食症(しんけいせいたいしょくしょう、Bulimia nervosa、BN)とは一気にものを食べる摂食障害のうち、それに対する代償行為を行うもののことを言う。過食症とも言われる。この場合激しく飲食した後に、嘔吐、下剤・利尿剤・薬物・過度の運動・絶食による代償行為を行う。なお、代償行為を行わないものはむちゃ食い障害と言う。最悪の場合自己嫌悪から自殺を図る事もあり、その確率は拒食症のそれよりも高い。ジェラルド・ラッセル教授によって1979年に提唱され、1980年の米国精神医学会によって摂食障害として承認された黒ハート 神経性大食症の人は代償行為を行う場合もあるため、必ずしも肥満しているわけではない揺れるハート大半は嘔吐や後の絶食・ダイエットなどで体重を保っている。(なお、過食の後に下剤を服用するBNも多いが、下剤や浣腸では食物の吸収を防ぐことはできない。)過食症という名称から誤解されることも多いが、この症状の根底には無理なダイエットに関する考え方がある事が多い。種類としては排出型と非排出型がある。排出型によく見られる自己誘発性嘔吐といった症状は拒食症患者の中にも見られるものである。非排出型の場合、その後で絶食や過度の運動を行うハートたち(複数ハート) 虐待を受けなければ過食症は起こりにくいという話があるわーい(嬉しい顔)このため「日本では虐待が少ないから大丈夫」などという声もあったが、現実には多く存在している。近年、虐待の発覚数が増えてきたため、日本でも状況は似たようなものだったと近年は認識が変わりつつある。なお、虐待を受けた人や配偶者とのトラブルを抱えた人がこの症状に走ることが多いのは、不足した愛情を食べることで無理矢理補償しているからではないかと言われているレストラン

SponsoredLink

ダイエットナビのダイエットのリンクについて

ダイエットナビのダイエットのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]メタボリックシンドローム
>>[次]メタボ
ダイエットナビのTOPへ
"ダイエット"のTOPへジャンプ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。