痩せ薬

痩せ薬のページを説明

ダイエットナビでは、ダイエットサプリメントなどを解説致しております
SponsoredLink

もし、何かありましたら、以下よりお調べ下さい。

Google

ダイエットナビにようこそ!

当サイトでは、ダイエットをテーマに、お役に立てる情報をお伝けいたします。どうぞご活用下さいませ♪


■当サイトのカテゴリ
ダイエット/ サプリメント/ /

ダイエットやサプリメントに関する最新の情報です。どうぞご覧下さいませ♪


■当サイトの目次

脂肪を燃やせ♪

サプリメントについて 日本では、サプリメントは法的に食品に分類される。 食品は3種類に大別される。 1. 特定保健


ダイエット情報

メタボリックシンドロームについて 2008年4月から始まる特定健診制度(糖尿病等の生活習慣病に関する健康診査)では、メタボリックシンドロームの概念を応用して糖尿病対策を行う事を目指し、40歳から74歳までの中高年保険加入


サプリメントはこちらです♪

サプリメントについて DSHEAでは製品を発売する前に、医薬品の治験のようにその成分の安全性を確認する必要はない。FDAは自


メタボ退治バージョンアップ版♪

サプリメントのまとめ アメリカでは医療保険制度が日本とは異なり、病気になると日本と比べて高額な医療費が必要と


メタボリックに終止符を♪

サプリメントのまとめ アメリカでは医療保険制度が日本とは異なり、病気になると日本と比べて高額な医療費が必要とな

痩せ薬

痩せ薬

ヨーロッパでつい最近まで使われていたものとしてフェンフルラミンがあった。


セロトニン受容体に直接作用して脳内のセロトニン濃度を高める事により食欲を抑制する作用がある。

アメリカでも1996年に許可が下り出回ったm(_ _)m



しかし、1997年、心臓弁膜症と肺高血圧を誘発する危険性を指摘され、FDAの要請により市場から回収された。




なお、日本でも2002年に、このフェンフルラミンや甲状腺ホルモンの混入した健康食品が、

インターネットや口コミを通じて出回り、健康被害を引き起こす例が多発して社会問題になったm(_ _)m




体重を減らす為に安易にこのような痩せ薬が混入した「健康食品」と称すもの(多くは成分記載虚偽)を服用すると、

健康を害するだけでなく命まで失ってしまうこともあるm(_ _)m

SponsoredLink

ダイエットナビの痩せ薬のリンクについて

ダイエットナビの痩せ薬のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]過食嘔吐
>>[次]アトキンスダイエット
ダイエットナビのTOPへ
"痩せ薬"のTOPへジャンプ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。