ダイエット

ダイエットのページを説明

ダイエットナビでは、ダイエットサプリメントなどを解説致しております
SponsoredLink

もし、何かありましたら、以下よりお調べ下さい。

Google

ダイエットナビにようこそ!

当サイトでは、ダイエットをテーマに、お役に立てる情報をお伝けいたします。どうぞご活用下さいませ♪


■当サイトのカテゴリ
ダイエット/ サプリメント/ /

ダイエットやサプリメントに関する最新の情報です。どうぞご覧下さいませ♪


■当サイトの目次

脂肪を燃やせ♪

サプリメントについて 日本では、サプリメントは法的に食品に分類される。 食品は3種類に大別される。 1. 特定保健


ダイエット情報

メタボリックシンドロームについて 2008年4月から始まる特定健診制度(糖尿病等の生活習慣病に関する健康診査)では、メタボリックシンドロームの概念を応用して糖尿病対策を行う事を目指し、40歳から74歳までの中高年保険加入


サプリメントはこちらです♪

サプリメントについて DSHEAでは製品を発売する前に、医薬品の治験のようにその成分の安全性を確認する必要はない。FDAは自


メタボ退治バージョンアップ版♪

サプリメントのまとめ アメリカでは医療保険制度が日本とは異なり、病気になると日本と比べて高額な医療費が必要と


メタボリックに終止符を♪

サプリメントのまとめ アメリカでは医療保険制度が日本とは異なり、病気になると日本と比べて高額な医療費が必要とな

サプリメント

サプリメントサプリメントは、食品、医薬品とは異なるカテゴリーにある。FDAの定義において、サプリメントは医薬品などの大規模な治験により効果が出ることが実証されたものとは異なっているため、病気を治療するという主張はできない。しかし、DSHEAでは、科学的根拠がなくてもなんらかの証拠があれば効能を表示できることになっており、医薬品ほどに厳しい品質基準を維持する義務もないため製品の品質のばらつきも許容されてい…

サプリメントの(効果)について

エネルギー

* 脂肪がエネルギー源として使われる割合が最も高いのは安静時である。 * 高強度運動では筋グリコーゲンや肝グリコーゲン(糖質)が主に消費される。 * グリコーゲンが枯渇した状態で食物を摂取すると、食物中の糖質はグリコーゲンの補充に使われる。 * グリコーゲンが充足した状態で食物を摂取すると、食物中の糖質は脂肪の合成に使われる。 以上の4点から、高強度運動を行った場合、運動によって直接消費…

エネルギーの(効果)について

がん

世界がん研究基金によるがん予防の勧告 * 1997年に4500以上の研究を研究を元に、「食べもの、栄養とがん予防」 (Food, Nutrition, and the Prevention of Cancer: A Global Perspective) が報告された。日本では、がん予防14か条、タバコの制限を加えてがん予防15か条として紹介された。 * 2007年11月1日、世界がん研究基金とアメリカがん研究協会によって7000以上の研究を根拠に「食べもの、栄養、運動とがん予防[15]」が…

がんの(効果)について

症候性肥満

症候性肥満代謝異常や内分泌疾患の一部でも肥満を来たす。これらを症候性肥満と言う。症候性肥満の例として、以下のようなものがある。視床下部性肥満 : プラダー・ウィリー症候群 - フレーリッヒ症候群 - ローレンス・ムーン・ビードル症候群クッシング症候群では副腎皮質ステロイドの過剰による症状として、中心性肥満を呈する。甲状腺機能低下症では甲状腺機能の低下によって脂肪分解が阻害され肥満となる。カルシウム代謝に…

症候性肥満の(効果)について

理学療法

理学療法理学療法 (physiotherapy, physical therapy)とは身体に障害のある者に対し、主としてその基本的動作能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行わせ、及び電気刺激、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加えることをいう(^_^)vその治療手技としてボバース法、PNFなどが用いられる事がある(^_^)v理学療法の中には、大きく分けて、運動療法と物理療法がある(^_^)v

理学療法の(効果)について

運動療法

運動療法運動療法は、現在は主に生活習慣病(高血圧・動脈硬化・虚血性心疾患・糖尿病・高脂血症等)に効果的とされているが、今後は、心臓疾患・脳疾患など、「生活習慣+ストレス」により生ずるその他の疾病についても、運動により生活習慣を改め、運動によりストレスを軽減することで、予防・治療効果を得ることも期待される(^_^)v運動療法の例運動療法の効果について、散歩を例にとると、歩くことで精神的にも解放される(^_^…

運動療法の(効果)について

アトキンスダイエット

アトキンスダイエット誘導段階(インダクション)最初の2週間は導入ダイエットとして炭水化物の摂取量を1日20g以下にする。この状態でケトーシスが簡単に起こる。このため、炭水化物が10%以上含まれるものは食べることができない。砂糖の入った甘い飲み物やお菓子やケチャップ、蜂蜜やシロップ、果物、ご飯、パン、麺・パスタ、バナナ、栗、ナッツ、豆の状態を保った豆、芋、芋を使ったフライドポテトやポテトチップスなどは炭水…

アトキンスダイエットの(効果)について

過食嘔吐

過食嘔吐過食嘔吐(かしょくおうと)とは、異常なほどに大量に食べ物を食べ、吐き出すという行為で、女性に多く見られる行為である。大体の過食嘔吐者は指を口の中に突っ込んで吐き出す。水を大量に飲む事で吐き出す事もある。原因は精神的ストレスや、「痩せたい」という美的願望からおこるものと考えられている。とても痩せている人でも、本人は太っていると思い込み周囲の意見を全く受け付けようとしない。周囲には一種の強迫…

過食嘔吐の(効果)について

健康管理システム

健康管理システム健康管理の動向体重計・体脂肪計のように、家庭でも簡単に測定できる計測機器が普及されるようになり、その測定結果を紙に記録していたのが通常であった。その後、パソコンが普及され、また計測機器には通信機能、記録・記憶機能が付加されるようになり、記録を残すことや、健康に関する情報を得ることが比較的簡単にできるようになってきた。近年では、インターネットや携帯電話の普及、IT革新が著しい形で発…

健康管理システムの(効果)について

ダイエットの危険性

ダイエットの危険性摂食障害患者の極端な食事制限や、過度な量の食事の摂取などを伴い、それによって患者の健康に様々な問題が引き起こされる。主に拒食症と過食症の総称である。人間関係の問題による心理的なストレスや不適応、コミュニケーションの不全などが原因とされている。依存症の一種である。摂食障害は大きく拒食症、過食症に分類される。また一定時間に渡り、食べ物を口に入れ咀嚼し、 飲み込まずにビニール袋などに…

ダイエットの危険性の(効果)について

ダイエット

ダイエットによる弊害・・・摂食障害の原因摂食障害になる心理学的背景として以下のような説がある。2〜5歳児期の人格基礎形成期に欲求5段階の安全安心の欲求、愛情や所属の欲求が満たされず、間脳視床下部食欲中枢に障害が起きているという説対人関係の恐怖からの代償行動説「女性性の拒否」による代償行動説肥満への恐怖からのダイエット・ハイ説ストレス説(結婚生活のストレスや人間関係含む)遺伝説拒食と過食は周期的に繰…

ダイエットの(効果)について

摂食障害

摂食障害症状は、拒食症、過食症などのタイプによっても異なり、また同じ拒食症・過食症などでも、患者によって症状は多様である。拒食症では極端な食物制限が中核となる。食事を食べているところを他人にみられたがらない場合も多い。その他、体重を減らそうとして運動をするなどの過活動がみられることもある。拒食により体重低下が進むと月経が停止し、極限まで低体重となることもある。この時期でも本人はいたって元気な様子…

摂食障害の(効果)について

ボディマス指数

ボディマス指数日本肥満学会によると、BMIが22の場合が標準体重である(^^;) BMIが25以上の場合を肥満、BMIが18.5未満である場合をやせとする(^_^)BMIの計算式は世界共通であるが、肥満の判定基準については国により揺らぎがあり、アメリカでは25以上を「標準以上(overweight)」、30以上を「肥満(obese)」としている(^^;) 多様な肥満の病態を、身長と体重の関係のみに抽象して算出されるこの指数には自ずから限界がある。内…

ボディマス指数の(効果)について

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群家族などの同居者がいない場合、この病気の発見は非常に遅れる。特に自覚症状が弱い場合は誰にも発見されない為、その状態が徐々に悪化して深刻な問題を起こしてしまう。よくある深刻な問題の例は、自動車の運転中に強い眠気が発生し運転操作を誤って人身事故になる事である。そしてこういう事故をきっかけにこの症状を知るというケースが目立つ。この病気が一般社会に知られるようになったのも、患者が起こし…

睡眠時無呼吸症候群の(効果)について

生活習慣

かつては加齢によって発病すると考えられたために成人病(せいじんびょう)と呼ばれたが、長年の生活習慣が深く関与していることが判明してきた。このため、1997年頃から予防できるという認識を醸成することを目的として導入されるようになった。しかし、現在でも呼称として成人病センターや保険の成人病特約などのように広く残っている。成人病という概念は、昭和30年代に「主として、脳卒中、がん、心臓病などの40歳前後から死…

生活習慣の(効果)について

ダイエット

低インスリンダイエット低いGI値の食品であっても、摂取量が多ければ結局エネルギーの過剰摂取分は脂肪となる。理論上、食品を選べばいくら食べても平気では決してなく、また全く運動しなくても効果が出るといったこともない。個人の体質や状態、食事の調理法や摂取時の咀嚼回数、さらには食べ合わせなどによって、血糖値上昇率は変化する。(食べ合わせの例として、GI値が高めである炊いた白米について、牛乳や酢(ただし寿司の酢…

ダイエットの(効果)について

運動量

体型や運動経験によって、適する運動量は異なる。痩身目的で運動する人には、低強度から中強度の運動が勧められる。それは主に以下のような理由からである。太り気味あるいは肥満の人は、もともと運動が嫌いで運動不足になっている可能性が高いと考えられるため、辛い高強度運動では運動に対する意欲が継続できない可能性が高い。運動不足の人が突然高強度運動を始めると、様々な故障の原因となりやすく危険である。日常的に運動…

運動量の(効果)について

脂肪

内臓脂肪レベルによる肥満の診断日本では、日本肥満学会の宣伝により、科学的証拠が無いのに、内臓脂肪が肥満による色々な病気の唯一の原因と信じられており、その状態をメタボリックシンドローム(メタボ)と呼ぶことが推奨されている。しかし、メタボリックシンドロームの提唱者であるReavenは、内臓脂肪も皮下脂肪も、メタボリックシンドロームの病態の基礎と考えられるインシュリン抵抗性との関係が同等であることを指摘して…

脂肪の(効果)について

ダイエット

アトキンスダイエットについてアトキンスダイエットとは、通常、食事で炭水化物を摂取し血糖値が上がると、膵臓からインスリンが出されて、血糖をグリコーゲンに変換し筋肉などに蓄えられますm(_ _)mそして、運動するときのエネルギーとしてグリコーゲンを使います (^^;) さらに、筋肉に蓄える分が一杯になると、今度は中性脂肪として脂肪細胞に蓄えられますm(_ _)m。そして、血糖値が下がります (^^;) しかし、このメカニズ…

ダイエットの(効果)について

マイクロダイエット

マイクロダイエットについてマイクロダイエットとはマイクロダイエット(micro diet)とは、サニーヘルスが製造販売している、『低カロリーで、体に必要な栄養素を十分に摂取するVLCD(ベリー・ロー・カロリー・ダイエット)理論に基づいて開発された減量法』を製品化した、約50種類の栄養素を約170?260kcalに凝縮したダイエット食品のことです♪

マイクロダイエットの(効果)について

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。